ウィッグってなんだろう

新着情報

2013年8月6日  駆け引きがわかると野球はさらに面白い

野球が面白いというのは、ファンの多さからみてもわかることですが、この野球は駆け引きが理解出来たりするとさらに面白くなります。なんといっても投手と打者との駆け引きは見所です。ちょっと野球をやってみるとわかるのですが、140kmもでるようなボールを打つというのは至難の業ですから、これをするために打者はカンをはたらかせたりやまをはったりします。そして投手はその裏をかこうとします。このかけひきがおもしろいのです。打者は毎回ボールをみています。あたりまえのことですが、このため、120kmの急速のボールのあとで140kmのボールがくると非常に打つのは難しくなるのです。この緩急の差が投手の武器となります。同じ急速のボールを何度も投げていてはプロの打者は慣れてしまいます。慣れてしまえばどんなに早いボールでもプロの打者はいとも簡単に打つことができます。そのため、速い球を投げる投手ならだれでも勝てるというわけではなくなってしまうのです。プロの投手の中には130kmの速球がなげれなくても勝てる投手がいるのは、この駆け引きをうまく利用しているからとかんがえられます。急速の緩急のほかに球種やコースといったものを利用してさらに打者をうちにくくしているのです。

ウィッグとは簡単に言えばかつらの事なのですが、厳密な事を言うと
それとは少々違った面があります。
かつらの場合抜け毛・薄毛を隠すために使う事が多く医療用等も
存在していますが、ウィッグの場合はそうではなく一般的にはおしゃれの為に
使っている人が多くいます従ってファッションに合わせて色々と髪型を変えたい人などは
これをよく用いていたりするのです。

通常のかつらのイメージは、薄毛の方がつけているイメージをもたれる
のではないかと思いますが、ここでいうウィッグとは意味合いが異なります。
ここでいうかつらは、お洒落をする目的でする
かつらととって頂ければ良いと思いますし、お洒落なかつらという
ふうな捉え方で良いのではないかと思います。
ウィッグは、2000年代の前半に若い女性を中心に大流行し
お洒落を楽しむうえで、欠かせないものとなっています。

前述にもあるように、ウィッグとはつまりかつらの事をさすわけでありますが、
薄毛を隠したりするのに使用される、一般的なかつらのイメージというわけでなく
おしゃれを楽しむ為にあえて頭につけるのが、ウィッグと呼ばれるかつらのことです。
これは、お色直しで簡単にアレンジする事も可能ですし、様々な楽しみ方があります。
しかし料金については、事前によく確認をしておいた方が良いでしょう。

そんなウィッグですがフルウィッグとハーフウィッグがあり、自分の使用目的に応じたタイプを
使うようにするのが良いでしょう。
またそのデザインや色なども色々とあるので、自分が最も求めているものを選ぶようにするのがお勧めです。
ところでこれには色々なメリットデメリットがあるのをご存知でしょうか。
メリットとして一般的に良く知られているのは色々な髪型を簡単に楽しむ事ができるという事です。
またどうしても朝寝癖が取れなくて困る事もあると思いますが、そんな時でも簡単にそれを
取り除く事ができる点も魅力的といえます。

留める時も専用の何か器具とかが必要となるわけで簡単に留める事ができるので、着脱が
簡単にできるというのも大きなメリットと言えるでしょう。
またヘアカラーをしている人は定期的に髪を染めていると思いますが、それを続けていると
どうしても髪がだんだんと傷んでいってしまいます。

しかしウィッグであればヘアカラーをしなくても色々な髪の色を楽しむ事ができるので、
髪が傷むという事はありません。とはいえ便利なウィッグですが、メリットがあればデメリットもあります。
例えば人工毛の場合などは特にそうなるのですが、どうしても絡みやすくなってしまい
適当な感じで取り扱っているとその絡んだ部分をほどく事はなかなかできなくなってしまうのです。
またフルタイプであればいいのですがハーフタイプの場合は地毛との境目が
どうしても目立ってしまうのでその部分を隠さなければなりません。

従って、これを使う時はしっかりとその手入れ方法を知っておく事が重要です。
また、毛の質には人工毛と人毛がありそれぞれのタイプで色々と手入れや特徴などが
違ってくるので、しっかりとその点については知っておくようにしましょう。
高品質なオーダーカツラを購入するのもいいかも知れません。
デリケートな頭皮に装着させるものですから、高品質なオーダーカツラを使った方が安全と言えるでしょう。
長持ちさせたいと思っている時などは、正しい手入れをして大切に扱うようにするのが重要です。
とはいえこの手入れですが慣れるまでは確かに装着と同様大変なのですが、慣れてしまうと
それほど大変ではなくてごく自然な感じにできるようになります。